ページ

「中根ひろみ」が国会で活躍のイメージ

「中根ひろみ」が国会で活躍のイメージ

2013年6月11日火曜日

15) 話す時の”目線”と、聞く時の”頭の角度”がいい


彼女は、始めて会った人に、どう厳しめに見ても、悪い印象を与えない。
どうして?
これは、保育士で、いつも子供たちと触れ合っているので
「同じ目線で話す」が できているから・・・?

それだけじゃありません。
4年間、数えきれないほどの人と会って身に着けたのでしょう。
また 神様に祈る習慣があるからでしょう。

人の話を聞く時に 少し「頭が垂れる」
これは、”服従のポーズ”
相手に優越感を与え、相手は話しやすい。
また、彼女自身にとっては、素直に聞ける心の平静を保てる

「話す時の目線」 「聞く時の頭の角度」
誰に教えられるでもなく 自然に できてるから スゴイ

ちなみに これは1対1の時の話です。
複数の多くの人に訴えるには
高い所から 失礼いたします!
一時 聞いていただきます(服従していただきます)


0 件のコメント:

コメントを投稿